腸内環境の改善にはサプリメントがオススメ


腸内環境を改善する方法としては「食生活を変える」「生活習慣を整える」「ストレスを減らす」などが必要ですが、そんなにたくさんのことを実践するのはむずかしいと思います。


そこでオススメしたいのが、善玉菌を増やすサプリメントを摂ることで、腸内環境を改善するという方法。


腸内環境が乱れているということは、つまり腸内細菌のバランスが乱れているということです。善玉菌が減って悪玉菌が増えると、腸内環境が悪くなったり便秘になったりしてしまいます。


大事なのは、善玉菌を増やして腸内環境を整えること。善玉菌が増えると腸内は酸性になり、悪玉菌の増殖は抑えられ、また腸のぜんどう運動がうながされることで便秘解消にもつながります。


便秘がツラくていつも下剤を利用している、ガス腹になっていてオナラの回数も多い、ポッコリお腹が気になっている、肌荒れがひどいのは腸内環境のせいかもしれない…。


そんな悩みを抱えているなら、腸内環境を改善するのが近道かもしれません。善玉菌を増やすサプリを継続して摂取することで善玉菌が増えて、腸内細菌のバランスが良くなることは各社の研究によってわかっています。


お通じの悩みや腸内環境が乱れている自覚がある場合は、善玉菌サプリで腸内環境を改善しましょう。


善玉菌サプリの選び方


善玉菌サプリはけっこう種類が豊富なので、選ぶときに迷ってしまうと思います。そこで、いろいろな善玉菌サプリを見てきたわたしが、選ぶときのポイントを説明します。


  • 善玉菌とオリゴ糖が一緒に配合されているか
  • 続けやすい価格設定になっているか
  • 善玉菌の数は十分に含まれているか

以上の 3つが選ぶときのポイントです。


オリゴ糖は善玉菌の代表格である「ビフィズス菌」のエサになり、また便をやわらかくしてくれる効果もあります。そのため、より腸内環境を良くするには、オリゴ糖も一緒に配合されているものを選ぶのが大事。


また善玉菌サプリは、摂取をやめてしまうと効果が限定的になるので、できるなら継続するのが良いです。続けやすい価格かどうかというのは、けっこう重要なポイントです。


そして菌の数も、確認が必要。善玉菌の数が多ければ多いほど、腸内に届く善玉菌が増えて、腸内環境を整えるのに役立ちます。


菌が生きたまま腸まで届くかどうかもひとつのポイントですが、最新の研究では死滅した菌でも腸内環境を整える効果があることがわかっており、それを基準にして選ぶ必要はなくなりました。


もちろん、気持ちとしては生きたまま腸まで届くタイプのほうが嬉しいので、個人的にはそこを気にしても良いとは思いますが、それよりも上記のポイントのほうが重要だとも考えています。


以上のポイントをふまえて、わたしがオススメするサプリをランキング形式で紹介します。腸内環境を改善したいけど、善玉菌サプリは種類が多くて何を選べば良いかわからない…という場合は、ぜひ参考にしてくださいね。


1位 ビフィーナS【森下仁丹】


ビフィーナS

60億個の善玉菌とオリゴ糖!
森下仁丹の「ビフィーナS」は、1包あたりにビフィズス菌50億個、乳酸菌10億個、そして善玉菌のエサになるオリゴ糖を配合。これだけで十分な善玉菌とその栄養源をしっかり摂ることができます。


乳酸菌健康食品部門で18年連続売上No.1、販売実績890万袋※1突破の人気商品で、多くの人に愛されているのが効果の裏付けになっています。


また、独自の技術「ハイパープロテクトカプセル」※2によって、善玉菌を生きたまま腸まで届けます。腸内環境改善のためのサプリなら、このサプリがいちばんオススメです。


※1 出典 : H・Bフーズマーケティング便覧, 1998〜2015, 機能志向食品編, 乳酸菌類 シェア, (株)富士経済(1996〜2013年実績)、1993年〜2014年12月31日までのビフィーナ(R)シリーズ愛用者、販売累計(森下仁丹調べ)
※2 第17回「日本生物工学会生物工学技術賞」受賞


菌の数 ビフィズス菌 : 50億個
アシドフィルス菌とガセリ菌 : 10億個
菌の種類 ビフィズス菌、アシドフィルス菌、ガセリ菌
内容量 1箱 30包(約30日分
価格 【単品初回】30包 : 2,980円876円OFF)送料無料
【定期コース】60包 : 5,875円20%OFF)送料無料

ビフィーナSの公式サイトはこちら


2位 善玉菌のチカラ【フジッコ】


善玉菌のチカラ

あのカスピ海ヨーグルトの乳酸菌がサプリに!
フジッコの「善玉菌のチカラ」は、あの有名なカスピ海ヨーグルトの乳酸菌クレモリス菌FC株を1粒に20億個以上も配合。


力強く生きたまま大腸まで届く乳酸菌が、0.71Kcalという低カロリーで摂取できます。ヨーグルトや乳酸菌飲料が苦手という方や、ダイエット中でカロリーを気にしているという方に特にオススメ。


1位のビフィーナSよりも菌の数は少ないですが、価格はリーズナブルなので、はじめて善玉菌サプリを飲む場合にオススメのサプリです。


菌の数 20億個以上
菌の種類 クレモリス菌FC株
内容量 1袋 31粒(約30日分
価格 【単品初回】31粒 : 1,950円23%OFF)送料無料
【定期コース】31粒 : 1,175円50%OFF)送料無料
※ 2回目からは2,350円(200円OFF)

善玉菌のチカラの公式サイトはこちら


3位 植物性乳酸菌ラブレ カプセル【カゴメ】


植物性乳酸菌ラブレ

腸内生残性の高い植物性乳酸菌ラブレを配合!
カゴメの「植物性乳酸菌ラブレ カプセル」は、胃液や胆汁などの消化液に負けない強い乳酸菌であるラブレ菌(KB290株)を配合。多くの菌が生きたまま腸まで届き、善玉菌をサポートします。


京都の漬物「すぐき漬け」から発見されたラブレ菌が、1粒に100億個つめられています。日本人がむかしから親しんできた漬物から発見された乳酸菌が、腸内環境の改善に役立ちます。


※ 製造直後の菌数です。保管状態により異なります。


菌の数 100億個以上
※ 製造直後の菌数です。保管状態により異なります。
菌の種類 ラブレ菌(KB290株)
内容量 1袋 30粒(約30日分
価格 【単品】30粒 : 4,628円 送料 : 411円
【定期コース】30粒 : 4,062円566円OFF)送料無料

植物性乳酸菌ラブレ カプセルの公式サイトはこちら


腸内環境の改善Q&A


Q. 善玉菌には種類があるの?


A. はい。善玉菌にはおもに「ビフィズス菌」と「乳酸菌」という 2つの種類があります。このうちビフィズス菌が 99.9%以上をしめており、善玉菌の代表選手として腸内環境の改善に役立ちます。


Q. それでは乳酸菌は摂っても意味がないの?


A. いいえ。乳酸菌の割合は善玉菌の 0.1%以下に過ぎませんが、もちろん摂ることに意味はあります。乳酸菌はビフィズス菌が増えるのに役立ちますし、風邪や花粉症に効果がある種類があることもわかっています。


たとえばカゼイ菌は胃酸や胆汁酸に強く、生きて腸まで届き、腸内で善玉菌を増やしたり悪玉菌を減らしたりする効果があります。R-1乳酸菌は風邪にかかるリスクを低下させ、フェカリス菌は花粉症の症状をやわらげる効果があります。


※ 詳しくは「腸内環境と免疫」を読んでください。


Q. 善玉菌はどうやって腸内環境を整えるの?


A. ビフィズス菌は栄養源であるオリゴ糖から酢酸と乳酸を、乳酸菌は乳酸をつくりだします。これらの酸が悪玉菌の増殖を抑えたり、腸のぜんどう運動をうながしたりします。また、善玉菌の存在自体が免疫細胞を刺激して、カラダの抵抗力を高めます


Q. 便秘解消に効果があるの?


A. 善玉菌が増えて腸内環境が改善されることで、便秘解消につながる可能性があります。便秘にはいくつかタイプがありますが、多いのは腸のぜんどう運動が弱くなってしまい起こるもの。


そういった便秘には、腸内環境を整えることでぜんどう運動をうながすことが対策のひとつとして考えられるので、腸内環境を整える善玉菌サプリの摂取が有効だとされています。


Q. おならの回数が多いのと腸内環境は関係がある?


A. 関係がある場合があります。おならの成分は口からはいった空気、腸内で悪玉菌が発生させたガスなどですが、腸内環境が悪化すると悪玉菌が増えるので、それらがつくりだすガスも増えます。


悪玉菌がタンパク質を分解して発生させる腐敗物質(有害物質)は、おならの臭いのもとになりますし、ガスが増えればおならの回数も多くなります。腸内環境を改善することで、止まらないおならを改善したり、臭いを軽減したりできます。

更新履歴